スーパーカブで日本一周

  523日間に渡ったスーパーカブ90での日本一周の記録、およびその後日談を語ります。

郵便局と巡った日本一周 10.よい地名、よい局名

日本一周の道中に行った旅行貯金はあくまで自然体が基本だと以前に述べました。郵便局の貯金窓口が開いているのは平日の9時から16時、この限られた時間にしか活動出来ないわけですから自然体にならざるを得ません。いかにも旅の記念になりそうな土地柄の感じられる局名や、素晴らしい局舎を構える郵便局だったとしても、土日や早朝ならば通り過ぎるしかないからです。数少ない例外として挙げたのが秘境南大東島と北大東島を訪ねた時のことでした。生涯で二度と訪ねる機会がないかも知れない絶海の孤島へ足を運ぶからには必ず郵便局で貯金もしたい。そう思って土日に島へ渡ることだけは避けるよう日程に留意したのです。

ところがこれ以外にも、自然体に反して「わざわざその郵便局で貯金せんが為に足を運ぶ」ということをした局が、少数ながらも実はありました。その理由は局名に惹かれたからということに尽きます。その土地らしさがよく表れた地名や美しい響き、重厚で存在感ある名前などです。ここではそんな、わざわざ足を運ばせる程の良い局名の郵便局の中から、自身が実際に貯金を果たした郵便局を幾つか紹介していきます。

潮来慈母観音前簡易郵便局
DSC043391601.jpg
IMGP1234.jpg
潮来と書いて「いたこ」と読みます。この地名だけで旅情を掻き立てるに十分ですが、慈母観音という美しい字面と響き、さらには簡易局というところがたまりません。こういう局名は通帳に無機質に並ぶ印の中でもひときわ存在感を放ちます。日本一周の道中でわざわざ場所を調べて訪ねた郵便局の第一号です。

君津新日本製鉄内郵便局
IMGP1297.jpg
房総半島を時計回りに巡り、前出の潮来慈母観音前簡易局へ行った翌々日にもわざわざ訪ねた局がありました。それが今はもう廃止されてしまった君津新日本製鉄内局です。
大きな建物や敷地の中に郵便局が入っているという事はよくあり、たとえば東京都心には「国会内郵便局」「最高裁判所内郵便局」、窓口業務をしているのに貯金出来ない局として有名な「宮内庁内郵便局」などがあります。しかしこのように市井の企業名が局名に入る例は珍しく、実に存在感がありました。

鎌倉稲村ガ崎郵便局~鎌倉七里ガ浜郵便局~腰越郵便局~江ノ島郵便局~鵠沼海岸郵便局
DSC06309.jpg
快晴の下、湘南海岸を西進しながら、江ノ電などの駅名とも一致するいかにもそれらしい名前の局を一つずつ訪ねながらのんびりと進みました。青い海や江ノ電の風情やサザンオールスターズの音楽などが頭の中に浮かぶようです。

上九一色郵便局、下九一色郵便局
DSC043401601.jpg
IMGP1373.jpg
某教団の起こした事件をきっかけに広くその地名が知られるようになりましたが、個性的で響きも美しく印象に残る地名です。

伊勢宮後郵便局、伊勢外宮前郵便局
DSC06310.jpg
お宮さんあっての伊勢の町。そんな物腰が郵便局の名前からも伝わってくるようです。

芦屋打出小槌郵便局
DSC06311.jpg
ただただ珍奇な局名に惹かれて訪ねた郵便局です。局の住所は兵庫県芦屋市打出小槌町です。

境港漁港簡易郵便局
IMGP20941601.jpg
旅情ある地名や珍奇な局名も良いですが、漁港簡易郵便局という響きもたまりません。そして漁港の建物の中に同居している簡易局というだけで、どういう味のある佇まいなのだろうかと事前にあれこれ想像するのがまた楽しいのです。

日本国麓郵便局
IMGP2148.jpg
重厚にして圧倒的な存在感を誇る局名。この名前だけでもわざわざ足を運ぶ価値があるというものです。日本海に沿って北海道目指して国道7号線を北上していた最中でしたが、この局で貯金をするためにわざわざ内陸へ向かって県道を走り、片道10kmほどの道程を往復しました。局舎や局名を印した扁額もとても良いものでした。

浜田駅裏簡易郵便局
IMG_02901601.jpg
「○○駅前郵便局」というのは全国に数あれど、駅裏というのは恐らく唯一でしょう。鉄道好きの私にとっては尚のこと、この響きはたまりません。簡易局というのがさらに素晴らしい。

備後落合簡易郵便局
IMG_0312.jpg
この局は日本一周よりもずっと以前に一度訪ね、簡易局にたまにある窓口業務が15時までという罠にはまって貯金が出来ないまま撤退するという苦い思い出のある郵便局でした(現在は16時までに改められています)。十年以上の時を経て再訪すると往時と何も変わらないままの姿で静かな山の中に佇んでいて、無事貯金を果たすことが出来ました。そんな思い入れもさることながら、備後落合という地名の響きがたまりません。

奈良京終郵便局、奈良神殿郵便局、奈良帯解郵便局、斑鳩興留郵便局など
DSC06313.jpg
郵便局名というのは原則として住所に準ずるので、古く味わいある地名が多く残る土地には必然的に風情ある局名の郵便局が多いということになります。その筆頭が言うまでもなく奈良と京都です。奈良ではゲストハウスに連泊して法隆寺を見学するなどしたので、これとともにこれらの郵便局を巡りました。

DSC06312.jpg
京都の市街で郵便局巡りをすると画数の多い漢字、長い局名で通帳が埋め尽くされ、これは趣味人にとっての一つの憧れになっています。





にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村


↑↑↑ 日本ブログ村、FC2ブログの各アクセスランキングに参加中です。ぜひぜひ!クリックして下さい!
    23:55 | Trackback : 0 | Comment : 2 | Top
Comment
2016.01.25 Mon 22:52  |  ビート★ #-
つばめさん>

ご訪問ありがとうございます。
本文に書いた通りですが、このように予め住所を調べてわざわざ訪問した局が少数だけありました。あとはたまたま通りかかった局の中から、主に名前に惹かれるかどうかといった基準で取捨選択した上で訪問しています。
Re: タイトルなし  [URL] [Edit]
2016.01.24 Sun 14:45  |  つばめ #-
こんにちは、いつも楽しく拝見しております。

郵便局巡りについてちょっと気になったのですが、このような小さな郵便局や簡易局は、地図にもなかなか載っていないと思うのですが、ビート★さんはどうやってこんな効率良く周っているのでしょう?
あらかじめ周る箇所を決めて、住所を調べておいて、とかでしょうか?
  [URL] [Edit]







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://tetsupipe.blog76.fc2.com/tb.php/3961-5683ca27
★ ランキング参加中 ★



一日一回、ぜひ両方のバナーをクリックして下さい(^o^)↑
よろしくお願いします!
まとめ読みに便利♪
カテゴリ別、月別アーカイブの記事は古い記事から順に表示しています。
カテゴリ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ

全記事表示リンク
最新コメント
続・スーパーカブで日本一周
二度目の日本一周に旅立ちました。
現在はこちらのブログでその様子を更新しています。是非ご覧下さい。
旅人の足跡
旅と居酒屋巡りのページ
無為是人生
日本一周以外の数々の旅の記録と全国居酒屋探訪
最新記事
旅友リンク
検索フォーム
QRコード
QR
RSSリンクの表示
プロフィール

ビート★

Author:ビート★
2009年5月10日、住んでいた部屋を引き払い、250ccのバイクも売り飛ばしてスーパーカブ90で日本一周の旅に出発しました。
道の駅や公園、海辺でテント泊して節約した金を全国の居酒屋巡りと日々のビール代に注ぎ込みつつ、全国を行脚して12月に沖縄に上陸。父親の急病による一時帰郷などを経て、2010年8月3日、念願の日本最西端・与那国島西崎に到達。再び鹿児島からの自走で北上し、2010年10月14日、523日目にして日本一周の旅を完結しました!

-------------

現在、新たな相棒スーパーカブ110を迎え再出発へ向けて準備中です…