スーパーカブで日本一周

  523日間に渡ったスーパーカブ90での日本一周の記録、およびその後日談を語ります。

日本一周人に訊く47の質問

面白いものを目にしました。「日本一周人に訊く47の質問」というものです。軽い気持ちで質問に答えていくうちにその人の人間性が丸裸にされるという、良く出来た尋問のようなところは少々気に入りませんが、回答する作業自体は楽しいものでした(笑)
私は人間嫌いで独善的で唯我独尊というまさしく屑のような人間です。それは自分でも分かっているのですが、改めて47項の回答を見返してみて改めてそれを痛感し、苦笑するしかありませんでした。恐らく過去にあった回答の中でもっとも可愛げがなく、殺伐としたものがこれでしょう。それを前提にして、笑い話の種という程度に読み流していただければ幸いです。

1:お名前、性別、年齢など、可能な範囲でプロフィールをどうぞ。
ビート★、男、43歳。ビートのハンドルネームの由来は、かつての愛車であり未だにこれ以上の車を知らない、ホンダ・ビートより。

2:日本一周の手段、期間、距離、費用、ルートをどうぞ。
先代の愛車であったスーパーカブ90にて。期間は一年半、523日間。距離はカブの走行でいうなら2万9千km。費用は、厳密に計算はしていないが恐らく150万円くらいか。

3:日本一周をしようと思った動機は?
幼少の頃から旅好きで、いつかやってみたいと三十年間思い続けていた。

4:日本一周に出る時、恋人、または配偶者はいましたか?
いませんでした。

5:家族や周りの反対はなかったか? あった場合、どうやって説得しましたか?
独身の一人暮らしということもあり、一切無かった。もともと放任主義で互いに関与しない家庭で育ったので、反対がある環境など想像も出来ない。

6:日本一周に出るにあたって、どんな準備をしましたか?
仕事を辞めた。住んでいた家を引き払い、持ち物の九割を捨て、最低限の物だけ実家に預かってもらった。バイク旅やキャンプ泊については既に十分な経験があり道具も揃っていたので、特にこれといった準備はしなかった。ランタンを新調したくらい。

7:日本一周に出るにあたって会社や学校を辞めましたか?
仕事を辞めたが、日本一周のために辞めたわけではなく、もともと当時の職場は辞めるつもりでいた。日本一周までの期間も就職活動をしていたのだが、間が噛み合ったこともあり結果としてそれを放棄して日本一周を決断した。

8:日本一周の費用はどうやって貯めましたか?
独身社会人だったのでそれなりの貯金が既にあった。

9:非常用の食料・飲料持っていましたか?持っていたなら何を?
なし。現代日本においてそんな物が必要だろうか。ただし、経済的な利があるという理由から2リットルの茶をいつも携行していた。

201011301505478cf151217.jpg
10:あなたの日本一周のこだわりとは何ですか?
様々な土地の日常の生活や価値観に触れること。そこから地域間の文化的な差異を考察すること。

11:「今日、泊まっていく?」と地元の方から声を掛けられました。あなたならどうしますか?
即答で断ります。大の人間嫌いの私にとって、見ず知らずの人の家を訪ねるなど苦痛でしかない。

12:日本一周に出る前に「必ず食べたい!」と思っていた名物はありますか?実際に食べましたか?
讃岐うどんと、あとは沖縄の様々な食。存分に味わった。

13:自炊した? しなかった? その理由は?
特に沖縄のゲストハウスに長期滞在していた時は、朝食および晩酌のアテはほぼ自分で用意していた。それが一番美味いし健康的だし、経済的にも利があったから。

14:得意なキャンプ料理はありますか? あれば披露して下さい。
料理といえる程の料理は出来ないので特にないが、米炊きの技術はそれなりに長じている。

15:資金はどうやって管理していましたか?(銀行に預けておくとか全て現金とか)
旅の資金はすべて郵便貯金の口座へ。財布の中には常に3~5万円程度の現金を入れておくようにしていた。

16:写真は撮りましたか? どんなカメラを使いましたか?
大量の写真を撮った。使っていたカメラはコンパクトデジカメの最廉価機種。

17:日本一周中、病気になったり、怪我をしたりしなかったか?
道中二度、高熱を出して伏せってしまい、治るのに一週間かかった。広島市内と那覇市内の、それぞれゲストハウス滞在中だったことが不幸中の幸いだった。怪我は一切なし。

18:どんな地図を使いましたか? またナビゲーションシステムについてどう思う?
地図はツーリングマップル。沖縄滞在中はより詳細な地図を求めて県別マップルも購入した。ナビゲーションについては、それに頼りきりな人を見ると「地図を読む愉しみ」を放棄するなど何て勿体ないことを、と思う。一方で現在地を特定するという機能は地図にはない極めて有用なものであり、一概にこれを否定するものでもない。個人的には現在地を特定したいと思った時に軽く携帯で地図を確認できれば十分。

19:途中で止めようと考えた事はあるか? あるならその理由。
まったくなし。旅が主で日常生活が従という人生観なので、旅の道中で辛いことがあったら日常に帰るという概念がそもそも無い。旅を止めたくなった時は生きる気力を失った危険な時だろう。

20:一番楽しかった事、悲しかった事、嬉しかった事、困った事、笑った事、泣いた事をどうぞ。
楽しかった事は、人生で初めて沖縄を訪ねることが出来たこと。悲しかったのは、旅中に父親が倒れて入院したこと。嬉しかったことは旅が長く続く毎日そのもの。困ったことは父親の見舞いに行くために飛行機に乗らざるを得なかったこと。

IMGP1860c151217.jpg
21:一番美味しかった物、印象に残った所をどうぞ。
美味かったものはやはり讃岐うどん。単に美味というだけでなく、土地の生活に深く根付いた文化そのものが素晴らしい。印象に残った所は南大東島と北大東島。

22:日記や記録は書いてましたか?
毎日欠かさず書いていた。旅に出る以前から今もずっと続く人生の習慣として。

23:日本一周中に仕事したりとかの収入はありましたか?
沖縄滞在中に二つのアルバイトをした。収入よりも仕事を通して沖縄の人の価値観や考え方に触れることが主目的だった。

24:どんな服装が多かったですか?
ジーンズにスニーカー、上は常に半袖のTシャツ、寒い季節はその上に適宜重ね着を。

25:寝床はどんな所が多かったですか?
キャンプ場や道の駅などでテント泊、ライダーハウス、ゲストハウス、たまに奮発してビジネスホテル。

26:雨の日の過ごし方を教えて下さい。
何もせずだらだら過ごす。ただしその日の夜に屋根のある所に泊まれるのなら移動も好きだった。雨に濡れた日本の景色を眺めて走らないのは損失である。

27:盗難や悪戯に対してどんな対策を取りましたか?
バイク後部の箱に鍵が掛けられるのが有用だった。就寝時にはバイクにはバイクカバーを。

28:日本一周で出会った中で、最も印象に残った人は誰ですか?
秋田県のキャンプ場で初めて出会い、沖縄ではかなりの期間を一緒に過ごしたチャリダーの五郎ちゃん。価値観がまるで違うのに話が合う人がいるというのは人生における新たな発見だった。

29:日本一周の出会いの中で、一番影響を受けた事は何ですか?
他人から影響を受けたということは特になし。

30:もし旅を継続できなくなるほどの災難に見舞われたとします。再挑戦したと思いますか?
もちろん再挑戦する。旅をすることが人生の意義そのものなので。

IMGP4381151217.jpg
31:「ここは必ず行っておけ!」という場所は?
南大東島と北大東島。特に十分に期間がとれるという人ならば、ここへ行かないのは勿体なさ過ぎる。

32:風呂はどうしてましたか? また、正直に答えて下さい。(笑)日本一周中、風呂に入らなかった最高日数は?
ツーリングマップルや検索サイトなどで宿泊地から最寄の入浴施設を調べ、そこで入ることが多かった。風呂に入らなかったのは、閉鎖や臨時休業が連続するという不幸に見舞われた時に一日。

33:失業手当をもらいながらの旅をどう思う?
その手続きに食われる手間や時間、何より旅の連続性を損なうという大きな不利があるから放棄した方がいい。

34:警察の職質を受けた事はありますか? どう答えてましたか?
一度もありません。

35:新聞・雑誌・ラジオ・テレビ等の取材を受けた事はあるか?あるなら自分から売り込んだのか?
これも一切なし。マスコミは大嫌いなので取材を申し込まれたら即座に追い払うだろう。

36:日本一周に必要なものは何だと思いますか?
健康な身体と金。

37:一番便利だった道具。これから旅立つ人にお勧めしたい道具は?
実もない質問だな(笑)そこで、私自身にとっては手放せない程便利だったが、これを持って旅している人は他にいないだろうという道具についての話を一つ。それはビール専用に使っていた大型の蓋付き保冷マグと、折りたたみ式の小さな保冷バッグだ。旅中であろうとなかろうと、夕餉のビールをいかに美味く飲むかというのは生涯探究していきたい、そして絶対に妥協できないいわば生き甲斐のようなものなのだ。特にマグは沖縄の安宿に長期滞在している時なども日々これでビールを飲んでいたので、殆ど毎日使っていた。
これから旅立つ人にお勧めしたい道具は、ズバリ何もありません。むしろ出発前に持ち物のことをあれこれ考えるのは止めた方がいい、と言いたい。少なくとも国内を旅する限り、何か必要になれば何処にいてもすぐ手に入る。今などそれこそネットで注文して最寄のコンビニ受け取りにすれば翌日には手元に来るのだ。どうしても必要になったら現地でその場で買い足した方がいい。「迷ったら持っていくな」なのだ。持ち物や道具のことなどあれこれ考えている時間があったら、各地の見所や食べ物を調べることに費やした方がずっと有意義だと思う。

20101128111431c32151217.jpg
38:反対に、持って行ったけど、ほとんど使わなかった道具、役に立たなかった道具は?
ラチェットレンチ。チェーン調整のためにと携行したのだが、シールチェーンに替えてからというもの調整の必要が生じる前に後タイヤの交換時期が来てしまうようになった。そこで途中で実家に送り返した。結局日本一周の道中約3万kmを走る間、チェーン調整は一度もやらなかった。

39:日本は広かったか? それとも狭かったか?
これはさらに実もない質問だな…こんなもの見方や考え方でどうにでも変わってくる。設問者は「広い」と答えてもらって盛り上がって欲しかったのだと思えば微笑ましいが。

40:ゴール時の心境はどうでしたか? 熱く語って下さい。
一つの旅が終わってしまうという喪失感でただ悲しかった。

41:リアルタイムの旅日記についての意見。(やった人もやらなかった人も)
旅が記録や報告に追われるという本末転倒に陥っている人を何人も見たが「今すぐやめろ!」と言いたい(笑)少なくとも私は自分がやりたくて仕方ないからやっている。それ以上でも以下でもない。あなたが日記を付けたりブログの更新をするのを止めたところで、困る人などいません。

42:日本一周後、すぐに心も仕事も社会復帰出来たか?また日本一周を終えて変わった事は?
旅をすることがこの人生を生きている目的であり意義であって、仕事は旅の資金を得るために仕方なくやっていること、日常生活はその仕事に付帯しているものなので、そもそも自分の中に社会復帰という概念が存在しない。
日本一周を終えて変わった事は、特に何もありません。

43:もう一度日本一周をしたいと思うか?外国も旅してみたい?また、世界一周も考えたか?
もちろん全てしてみたい。そのために金が幾らでも欲しいのと、飛行機恐怖症を克服したい。

44:あなたが思う日本一周の定義とは?
全国各地を訪ね歩く行為が最低限の連続性を帯びること。

45:これから日本一周を目指している方にアドバイスをお願いします。
何事も自分の目で見て自分で評価しましょう。それこそが真実であり、価値を持つものです。

46:あなたの人生において日本一周とは?
様々な旅の楽しみ方の一つ。

47:最後に、日本一周をして良かったと思いますか?しなければ良かったと思いますか?
しなかったら生涯後悔していた筈なのでもちろん良かったが、旅は長ければ長い程終わってしまった時の喪失感と悲しみも大きいので、人に日本一周を薦められるかといえば必ずしもそうとは言い切れない。

全体を通しては楽しかったですが、37番、39番、47番のような度を越して下らない質問もあったので、要改善だと思いましたね。





にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村


↑↑↑ 日本ブログ村、FC2ブログの各アクセスランキングに参加中です。ぜひぜひ!クリックして下さい!
    22:08 | Trackback : 0 | Comment : 4 | Top
Comment
2016.01.04 Mon 21:34  |  ビート★ #-
D-sk(でぃーすけ)さん>

ありがとうございます。こんな歳で、さらには生涯結婚しないと決めた人間には良くも悪くもその人なりの割り切りや達観があるもので、旅に関しては殺伐具合もまだかわいいものです(笑)

情報至上社会の功罪とでもいいましょうか、本当は「良いもの」というのは皆が良いと言っているものでも数字の上での評価が高いものでもなく、自分が良いと思ったものである筈なのに、そういう感覚が塗り潰されてしまっている人が多過ぎると思います。とはいっても自分で万事を絶対評価するには自信が必要で、自信を持つためには経験や知識が必要なわけですが、日本一周の旅などは他でもなくそれを積み重ねる最高の機会だと思います。
Re: タイトルなし  [URL] [Edit]
2016.01.03 Sun 01:09  |  D-sk(でぃーすけ) #-
コメント失礼します。
回答の殺伐具合がナイスで面白かったです(笑)
No.47の愚問さは僕も共感します。
さらにNo.45の回答には強く共感しました。
まさにその通りだと思います。

面白かったです(^_^)
  [URL] [Edit]
2015.12.21 Mon 20:43  |  ビート★ #-
siroutoさん>

ありがとうございます。
Re: タイトルなし  [URL] [Edit]
2015.12.19 Sat 12:50  |  sirouto #VQLsZ0yQ
面白かった。感謝。
  [URL] [Edit]







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://tetsupipe.blog76.fc2.com/tb.php/3959-37208db4
★ ランキング参加中 ★



一日一回、ぜひ両方のバナーをクリックして下さい(^o^)↑
よろしくお願いします!
まとめ読みに便利♪
カテゴリ別、月別アーカイブの記事は古い記事から順に表示しています。
カテゴリ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ

全記事表示リンク
最新コメント
続・スーパーカブで日本一周
二度目の日本一周に旅立ちました。
現在はこちらのブログでその様子を更新しています。是非ご覧下さい。
旅人の足跡
旅と居酒屋巡りのページ
無為是人生
日本一周以外の数々の旅の記録と全国居酒屋探訪
最新記事
旅友リンク
検索フォーム
QRコード
QR
RSSリンクの表示
プロフィール

ビート★

Author:ビート★
2009年5月10日、住んでいた部屋を引き払い、250ccのバイクも売り飛ばしてスーパーカブ90で日本一周の旅に出発しました。
道の駅や公園、海辺でテント泊して節約した金を全国の居酒屋巡りと日々のビール代に注ぎ込みつつ、全国を行脚して12月に沖縄に上陸。父親の急病による一時帰郷などを経て、2010年8月3日、念願の日本最西端・与那国島西崎に到達。再び鹿児島からの自走で北上し、2010年10月14日、523日目にして日本一周の旅を完結しました!

-------------

現在、新たな相棒スーパーカブ110を迎え再出発へ向けて準備中です…