スーパーカブで日本一周

  523日間に渡ったスーパーカブ90での日本一周の記録、およびその後日談を語ります。

面倒だし時間は食うし大して安くもない…その自炊、本当に必要ですか?

DSC02375150409.jpg
日本一周などの長旅を志して初めてテント泊、キャンプに挑戦するという人も多いのではないでしょうか。それは大いに理解できるのですが、私が常々不思議に思うのは「テント泊ならば食事は自炊」という風潮です。何故長旅だから、テント泊だからといって必ず自炊をしなければならないのでしょうか。特に、それまでの暮らしで自炊など殆どしてこなかった人がキャンプ用の調理器具などを喜々として買い揃えているのを見ると「なんで?」と思ってしまいます。コンビニの弁当や、牛丼屋で食べればいいじゃん。

IMG_4080150409.jpg
つくづくこの日本は便利、過剰なくらい便利な国だなと思わされます。余程の僻地でない限りそこらじゅうにコンビニがあり、いつでも温かい弁当やカップ麺を安価に買うことが出来るのです。それもシベリアの凍土や砂漠の真ん中にいるわけではありません。この狭い国土、「余程の僻地」もちょっと走ればあっけなく脱出出来てしまいます。
そして考えてみましょう。米や麺だって無料ではないのです。炊いたり茹でるにはガスだって消費します。様々な道具を取り出して手間もかかるし、後片付けに時間だって食います。400円やそこらで食べられる弁当や牛丼に対して、果たしてどれだけの利があるのでしょうか。宿泊費が高過ぎるこの日本ではテント泊をすることには大いに利がありますが、一方で何処でも安価に食事することが出来るから自炊をする事にはそれ程の利は無いのです。

20101202175431620150409.jpg
長旅の道中で自炊をするのは、次の三つの条件に当てはまる人だけでしょう。
一つに、若いチャリダーのように朝に夕に米や麺などとにかく沢山食べるという人。以前に北海道は霧多布のキャンプ場で出会ったチャリダー氏は毎朝四合の米を炊くと言っていました。朝食に二合食べ、残りはおにぎりにして走りながら食べるのだそうです。このくらい沢山食べるのであれば金銭的な面で自炊の利が発揮されます。
これに対して私など、まず酒呑みなので夜は米は食べません。朝はしっかり食べていますが、この歳になるともう茶碗一杯で十分。昼と合わせて、一日に一合ちょっともあれば十分なのです。こうなってくると金銭面での利は殆ど無いし、自炊することの不便の方が勝ってきます。
二つめは、自炊する事それ自体が楽しい、好きだという人。恐らくここが一番の分かれ目でしょう。これから日本一周に出るという方は、ぜひこれについて自問することをお薦めします。確かに屋外で炊きたての米を食べたならそれは美味いでしょう。でも私などは面倒だという思いの方が強いですね。
三つめはちょっと例外的な話になりますが、食の質や安全に対して強いこだわりがあり、市販品を食べたり外食するなどとても出来ないという人です。よもやそういう人が日本一周を志すとも思えませんが…笑
たとえばコンビニでよく売られているカップ入りのサラダや鶏の唐揚げ。これらがどうやって作られているか知っていますか?もし興味があるなら調べてみて下さい。こういった事を知るにつれコンビニやスーパーで売られている物を一切食べられなくなった、という人を私は何人か知っています。ただそういった人達は食べ物にそれなりに金をかけていますし、恒常的、継続的に本当に良い食材を手に入れる手段を確保しているものです。そして旅の道中でそれを行うことはほぼ不可能と言えるでしょう。
私などは食べ物は命を紡ぐものであると同時に毒でもあると思っているので、ちょっと正視できないような方法で作られた物が市中に幾らでも出回っている現実を知りつつ尚、それらを結構平気で食べてしまえます。所詮人生なんて生れ落ちた瞬間から死へ向かってのカウントダウンをすることだと思っていますので。

ちょっと話が逸れてしまいましたが、これからテント泊を前提にした長旅に出るという人は、この三つの条件に自分があてはまっているか、そして日々の自炊が本当に必要か、続けられるのか、考えてみては如何でしょうか。自炊をしようとなるとまたあれこれと持ち物が増えて重くなるからです。バイクにしろ自転車にしろ、大して使いもしない物を持っていく程ばかばかしい事はありませんからね。そして私は実際に途中から自炊を殆どしなくなって、無用の長物と化した調理器具を荷物の底に忍ばせて旅を続けている人を何人か見てきました。
私自身、毎日のように自炊していたのは沖縄の安宿に何ヶ月も滞在していた時で、本州などを毎日移動していた時は自炊の機会はごく僅かでした。このような安宿には自由に使える冷蔵庫があり、台所があり、炊飯器がありました。こうした便利な環境にあってはじめて自炊の利が生まれると言っても過言ではないでしょう。

IMG_4020150409.jpg
日本一周の時は飯盒なども持っていきましたが、二年前、三年前に北海道ツーリングに行った際には家に置いていきました。現地で一週間の行程では米など炊いている時間が勿体なくて、それよりもコンビニ弁当でさっさと済ませて朝一番から沢山走りたかったからです。飯盒は置いていきましたが、一番小さいコッヘルを一つとその蓋だけは持っていきました。それも使ったのは二回だけです。何に使ったのかというと、湯沸しでした。キャンプ場で朝、前日にスーパーで買っておいた半額弁当を食べたのですが、それだけでは少々寂しく、温かいものも欲しかった。そこでコッヘルで湯を沸かして家から持参したインスタント味噌汁をぶち込み、半額弁当と一緒に食べたのです。現実にはこういう場面がせいぜいですよ。
特にこれまで自炊などしてこなかった人は挫折する可能性が高いです。出発前にあれこれ道具を揃えて持っていくのはとても賛成出来ませんね。携帯用の薄い俎板や小型の包丁、キャンプ用のガスストーブにガスカートリッジ…これらの物だって旅の途中ホームセンターにでも寄れば直ぐに買うことが出来ます。自分がずっと自炊を続けながら旅をするのか、道具を揃えるのはよくよく見定めてからでも遅くはないと思います。





にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村


↑↑↑ 日本ブログ村、FC2ブログの各アクセスランキングに参加中です。ぜひぜひ!クリックして下さい!
    16:40 | Trackback : 0 | Comment : 3 | Top
Comment
トミーさん>

自分にとって本当に必要なものを自分なりに見極める、自分にあった方法でやる、まさしく仰るとおりだと思います。ただ、最初に形から入るのは別に悪い事ではないといいますか、まあ必然の流れかなとも思います。私も初めはそうでした。やはり自炊をしない人よりもする人の方がかっこよく見えますから、それに倣うのは自然な行動と言えるでしょう笑
もう一つの要素として、安いことだけが正義という価値観が横行して長く大事に使うことに耐え得る本物の道具が激減している今の日本にあって、キャンプ道具はそういった良心を残している物が多いので非常に魅力的なんですよね。だからついあれもこれも欲しくなってしまいますw

ところでかねひでの割り箸ですが、この写真は北海道ツーの記事の写真の使い回しです。倶知安のキャンプ場での様子です。もちろんツッコミ待ちのネタとして家から持参したのですが、当時リアルタイムで誰も反応してくれなかったのがたいへんに惜しまれますwww
Re: タイトルなし  [URL] [Edit]
2015.04.09 Thu 21:21  |  トミー #-
連コメすいませんw、あと最後の写真の「かねひで」の箸袋に異常に興奮してしまったのはここだけの話です(爆)
  [URL] [Edit]
2015.04.09 Thu 21:17  |  トミー #-
ビート★さんこんにちは、僕のブログの記事でも書いたのですが旅中における自炊は必須ではないですしやるか否かはその人の旅のスタイルによるところが大きいと思います、ただ一番悪いパターンはこの記事にもあるとおり「道具を揃えたは良いが結局使わなかった」と言うパターンに尽きると思います、言い方は悪いですがこう言うパターンに陥る人は得てして「道具から入る」的な人が多いと思います、旅に置いて大事なのは「自分にとって本当に必要なものは何か?」を自分なりに見極めることだと思いますし、自炊の頻度が少ないなら思いきって自炊道具をオミットしたほうが得策だと思います。

ただ僕の場合なのですが、たとえ費用削減効果は少なくても一円でも安くあがるのなら多少の手間をかけても自炊しますし、なにより今回の記事の二番目の「自炊そのものが楽しい」にモロに当てはまっていると思います(どうもテントを張って出来合いの物を食べているとどうも味気ない気がする性分なので)

やはり大事なのはこの記事にもあるとおり「自分にあった方法でやる」と言う事に尽きると思います。

最近本家のブログ(第三分野のブログも日々拝見しておりますw)の更新頻度が高くなって嬉しい今日この頃ですw。
  [URL] [Edit]







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://tetsupipe.blog76.fc2.com/tb.php/3943-24e1640c
★ ランキング参加中 ★



一日一回、ぜひ両方のバナーをクリックして下さい(^o^)↑
よろしくお願いします!
まとめ読みに便利♪
カテゴリ別、月別アーカイブの記事は古い記事から順に表示しています。
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ

全記事表示リンク
最新コメント
続・スーパーカブで日本一周
二度目の日本一周に旅立ちました。
現在はこちらのブログでその様子を更新しています。是非ご覧下さい。
旅人の足跡
旅と居酒屋巡りのページ
無為是人生
日本一周以外の数々の旅の記録と全国居酒屋探訪
最新記事
旅友リンク
検索フォーム
QRコード
QR
RSSリンクの表示
プロフィール

ビート★

Author:ビート★
2009年5月10日、住んでいた部屋を引き払い、250ccのバイクも売り飛ばしてスーパーカブ90で日本一周の旅に出発しました。
道の駅や公園、海辺でテント泊して節約した金を全国の居酒屋巡りと日々のビール代に注ぎ込みつつ、全国を行脚して12月に沖縄に上陸。父親の急病による一時帰郷などを経て、2010年8月3日、念願の日本最西端・与那国島西崎に到達。再び鹿児島からの自走で北上し、2010年10月14日、523日目にして日本一周の旅を完結しました!

-------------

現在、新たな相棒スーパーカブ110を迎え再出発へ向けて準備中です…