スーパーカブで日本一周

  523日間に渡ったスーパーカブ90での日本一周の記録、およびその後日談を語ります。

郵便局と巡った日本一周 9.消印のはずなのに…

何度もしつこいようですが、風景印はあくまでも消印です。消印はその名の通り「消すための印」であって、切手の効力を無効化するために押印するのが本来の意義です。となれば、しっかりと印の面積の多くが切手の券面に重なるように押すのが望ましい姿だと言えます。
ところが風景印は純然たる趣味のものであり、その絵柄を楽しむものですから、消印でありながら「なるべく切手に被らないように押されるのが望ましい」というまことに倒錯した発想に辿り着きます。この倒錯した感じが趣味人の心をくすぐるのです(笑)
実際のところ郵便局員の側も心得たもので、風景印の押印を頼むと十中八九「どの辺りに押しましょうか?」「右下でいいですか?」という質問が返ってきます。

DSC05141.jpg
「右下」とはこのように切手の右下に風景印を配するように押すことを指していて、多くの局員がこのような言葉を返してくることからも、これがもっとも多くの収集家が望む、一般的な押し方なのでしょう。私もこの押し方が一番好きです。
そして切手に僅かだけ印がかかっている押し方も含め、これがもっとも典型の、見本のような風景印の押し方です。

DSC05143.jpg
これなど本当にぎりぎりのごく僅かしか切手にかかっておらず、芸術的と言えます。
このように、本来の意義や規則の上からもきちんと切手部分にかけて押さなければいけない、でも極力かけないように押す、という見事なまでの矛盾と倒錯、そしてそれが押印する郵便局員の職人芸によって成されるという、現代において尚残るこの温かみやアナログ的な部分こそが実は風景印収集の愉しみの精髄だと言っても過言ではありません(笑)
となると、この倒錯を突き詰めていくとやはりこのような現象も生まれます。

DSC05145.jpg
よく見ると、印が切手部分にかかっておらず、離れてしまっています。これでは消印の意味がないわけですが、こんな事が起こってしまうのも無理がないと言えるでしょう。こういった部分も楽しいのです。

DSC05142.jpg
余談ですが、これは日本一周を終えた後、つい最近押してもらったものです。郵便料金が値上げされた時、手元にまだ50円時代の官製葉書が何枚か残っていました。そこで2円切手を加えて貼るという苦肉の策に出たわけですが、この場合もちろん両方の切手部分に印がかかるように押さなければなりません。切手を貼る位置にも十分留意し、一方で押印する局員さんも最大限頑張ってくれたのがよく分かります。まさに共作といえるでしょう(笑)





にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村


↑↑↑ 日本ブログ村、FC2ブログの各アクセスランキングに参加中です。ぜひぜひ!クリックして下さい!
    23:35 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://tetsupipe.blog76.fc2.com/tb.php/3939-6038ed36
★ ランキング参加中 ★



一日一回、ぜひ両方のバナーをクリックして下さい(^o^)↑
よろしくお願いします!
まとめ読みに便利♪
カテゴリ別、月別アーカイブの記事は古い記事から順に表示しています。
カテゴリ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ

全記事表示リンク
最新コメント
続・スーパーカブで日本一周
二度目の日本一周に旅立ちました。
現在はこちらのブログでその様子を更新しています。是非ご覧下さい。
旅人の足跡
旅と居酒屋巡りのページ
無為是人生
日本一周以外の数々の旅の記録と全国居酒屋探訪
最新記事
旅友リンク
検索フォーム
QRコード
QR
RSSリンクの表示
プロフィール

ビート★

Author:ビート★
2009年5月10日、住んでいた部屋を引き払い、250ccのバイクも売り飛ばしてスーパーカブ90で日本一周の旅に出発しました。
道の駅や公園、海辺でテント泊して節約した金を全国の居酒屋巡りと日々のビール代に注ぎ込みつつ、全国を行脚して12月に沖縄に上陸。父親の急病による一時帰郷などを経て、2010年8月3日、念願の日本最西端・与那国島西崎に到達。再び鹿児島からの自走で北上し、2010年10月14日、523日目にして日本一周の旅を完結しました!

-------------

現在、新たな相棒スーパーカブ110を迎え再出発へ向けて準備中です…