スーパーカブで日本一周

  523日間に渡ったスーパーカブ90での日本一周の記録、およびその後日談を語ります。

厄介な奴等

梅雨空の下、より一層陰鬱になる残念な話第二弾(笑)

バイクや自転車に一目でそれと分かる大荷物を積んでいると、色々な人から声を掛けられる機会も多いですね。もちろんその殆どは善意や好意で声を掛けてくれる人なのですが、中には善意とは程遠い自己満足や興味本位だったり、また残念ながら本人は善意のつもりなのでしょうが結果的にこちらの迷惑になってくる人も少なくありません。
まあ、特に田舎の人などからすればこちらは明らかに不要に目立つ異邦人であり、警戒から素性を確かめるために声を掛ける、ということでもあるのかも知れませんが…

第三位:食べ物のありがた迷惑
いつだったか道の駅で休憩中に、よかったらこれどうぞと、ソフトクリームを差し出された事がある。私は大いに困惑しました。甘い物が苦手だからです。ついでに言うと大の男がソフトクリームを食べている姿というのがどうにも恥ずかしくて我慢ならない。
もらったところで食べるのは本当に苦痛だし、無下に断るわけにもいかない。そうこうしている間にも物が物だけにどんどん溶けてゆく。ですがこういった時の選択肢は一つしかありません。
「ありがとうございます。折角で申し訳ないのですが、甘い物が食べられないので…」
潔く断るのが一番。食べ物を放棄したり無駄にするのも大嫌いだからです。相手は納得してくれましたがとても残念そうな顔をして引き取って行かれました。それはまあそうでしょう。
でもね、なんで互いにこんな楽しくない思いをしなければいけないのか、と思いました。

私は見ず知らずの人にいきなり食べ物を差し出すなんて、そんな事は絶対にしませんよ。だってあげる理由が無いから。
相手が子供だというならまだしも、自立した一人の大人に対していきなり物をあげようとするなんてこれ以上無礼な行いはありません。相手が同意の上で食事を奢る、ご馳走することはあります。その場合でも私はまず相手に食べられない物や嫌いな物がないか、何を食べたいか聞きます。好き嫌いならまだしも、アレルギーや病気で体が特定の食物を受け付けなかったり、宗教上の禁忌だってあるかも知れない。
そんな事も考えずにいきなり食べ物を目の前に差し出してさあ食えだなんて、そんな乱暴なことは頼むから止めてくれ。
そういった弁えがあれば、互いが楽しくない思いはしなくて済む筈です。

第二位:食事中に話し掛けるな!
コンビニで昼食を食べている時に、やたらと話し掛けてくる奴がいました。朝が軽くてやたらと腹が減っていたところへ、何もない山の中を走りに走って漸く現れたコンビニ。弁当を温めてもらってさあいただきますと箸を割ったところにそいつは現れた。
まず大前提として、食事中の相手にべらべら話し掛けるなど、どういう教育を受けて育ったのでしょうか。とはいってもこちらもコンビニの駐車場の片隅で弁当にがっついているのだから、そんな品を求めるような立場でもない。それでも、一方的に話しているのならああそうかよ、と聞き流していればいいのですが、質問を次々にぶつけてくるのだから本当にタチが悪かったです。弁当が不味くなから消えてくれ。
途中から完全に無視していたのですが、それでもそいつは何もめげることなく一旦コンビニの中に消えたと思ったら、よかったらどうぞとおにぎりを差し出してきた。食事中に間断なく話し掛けてくることといい、弁当を食べている人に対して茶をあげるというならまだ分かるがおにぎりって…
無神経、というのはこういう人のことを言うのでしょうね。よっぽど顔目がけておにぎりを投げ返してやろうかと思いましたが、旅先で地元の人の行いについては全てを受け入れるというのが信条なので、もらっておきましたが、なんだか実に悔しかったです。
食事中に話し掛けるなバカ。

第一位:自分の事だけを一方的に話し続けるジジイ
一番の厄介は何といってもこれです。日本中何処でも、何処からともなく、そして一番忙しい時間に限ってやって来る。まあこれの鬱陶しさは説明するまでもなく、被害に遭った方も多いでしょう。
そしてこの厄介は殆どは男、つまりジジイであることが多い。まずもって男のくせに間断なく喋る奴は気持ちが悪い、話の内容がとにかくつまらない、そして何といっても長い!まさに公害です。
私の場合一番悲惨だったのは、青森の某海岸の公園のような所にテント泊をしていた時のことでした。翌朝、テントの撤収をしているというまさに一番忙しい時に厄介が現れた。しかも何が酷いって、上記の三悪要素に加えてそのジジイの話している津軽弁が殆ど聞き取れないという点でした。そんなに自分に事だけ話たいのなら、テレビに向かって話し掛けるかスカイプで引きこもりの人とでも話してれば?

旅先での出会いは感謝すべきものだしかけがいのないものです。そうは分かっていますが、こういう時たまに叫びたくなるのも事実。
「近寄るな、シッシッ!」





にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村


↑↑↑ 日本ブログ村、FC2ブログの各アクセスランキングに参加中です。ぜひぜひ!クリックして下さい!
    16:08 | Trackback : 0 | Comment : 2 | Top
Comment
トミーさん>

箱にステッカーをべた貼りしたりしていなかったのはそういう理由からだったのですね。
ナンバーの市町村が読めない人…読めないような人なら説明をしたところで当然分かる筈がないわけですよ。自分で話題を振っておきながらきちんと始末をつけないとは無責任というか会話力がないというか頭が悪いというか…単に話し掛けたいだけなら犬にでも話し掛けてろと思いますね(笑)
Re: タイトルなし  [URL] [Edit]
2014.06.19 Thu 19:49  |  トミー #-
ビート★さんこんにちは、たしかに旅人あるある的なエピソードですね、僕もどちらかと言うと興味本位で話しかけられるのがあまり好きではないので、旅中も日本一周中とかそういった掲示物は掲げていませんでした。

見る人が荷物満載のカブを見ればおのずと日本一周してるんだなと言うのが分かるはずですしその上で声をかけてくださる方はたいてい話をしていて楽しい人が多いのでそれでよかったと思います。

僕が一番難儀したのは僕のブログでも書きましたが僕のナンバーの市町村名を見て「なんて読むんだ」「何県だ」とたびたび聞かれその度に受け答えしなければならないのが苦痛でしたw。
たいていそう言う人に限ってひとしきり自分の話したいことだけを話して「じゃあがんばってね」とか割とそっけなく去ってしまうので旅の序盤はまだしも終盤は少し辟易してしまったのも事実ですw。
  [URL] [Edit]







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://tetsupipe.blog76.fc2.com/tb.php/3918-2dbe4c1a
★ ランキング参加中 ★



一日一回、ぜひ両方のバナーをクリックして下さい(^o^)↑
よろしくお願いします!
まとめ読みに便利♪
カテゴリ別、月別アーカイブの記事は古い記事から順に表示しています。
カテゴリ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ

全記事表示リンク
最新コメント
続・スーパーカブで日本一周
二度目の日本一周に旅立ちました。
現在はこちらのブログでその様子を更新しています。是非ご覧下さい。
旅人の足跡
旅と居酒屋巡りのページ
無為是人生
日本一周以外の数々の旅の記録と全国居酒屋探訪
最新記事
旅友リンク
検索フォーム
QRコード
QR
RSSリンクの表示
プロフィール

ビート★

Author:ビート★
2009年5月10日、住んでいた部屋を引き払い、250ccのバイクも売り飛ばしてスーパーカブ90で日本一周の旅に出発しました。
道の駅や公園、海辺でテント泊して節約した金を全国の居酒屋巡りと日々のビール代に注ぎ込みつつ、全国を行脚して12月に沖縄に上陸。父親の急病による一時帰郷などを経て、2010年8月3日、念願の日本最西端・与那国島西崎に到達。再び鹿児島からの自走で北上し、2010年10月14日、523日目にして日本一周の旅を完結しました!

-------------

現在、新たな相棒スーパーカブ110を迎え再出発へ向けて準備中です…