スーパーカブで日本一周

  523日間に渡ったスーパーカブ90での日本一周の記録、およびその後日談を語ります。

立ち込める暗雲、葛藤する心

一昨日の木曜日、下半期の業務計画と目標を決める会議がありました。といっても今更練るような事は特にないのですが、ここで大事なのはその先、つまり来年度の話です。
仕事のことについてここでだらだら書くのは嫌なので細かい事は省きますが、簡単に言うとこのまま順調に行けば来年から個人で仕事が出来そうだということです。この話は青天の霹靂でした。

私は父親が自営業だったので、大変な事が沢山あるのは一応理解しているつもりです。しかし(具体的に話を聞いたり調べたりはまだしていないので要確認なのですが)収入が倍増するのは間違いないようです。そして上手いこと軌道に乗せていけば、いつ何日休むのかという事も全て自分の裁量で決められることになります。
もちろん、最初のうちは目一杯頑張り、仕事、仕事の生活を送らなければならないでしょう。それが何年続くのかも分かりません。しかし、文章を書くという自分の好きなことをやって収入がこれまでよりも遥かに増え、そして小さな組織との小さな契約とはいえ個人として社会と契約し、社会から評価されて仕事をすることが出来る。これは素晴らしいことだと思います。

だがしかし、手放しで喜ぶわけにはいきません。ここからが本題です。今回この件で改めて、自分の人生における価値観と向き合うこととなりました。
この機会を逃したら、この年齢で今後このような人生の好機は二度と訪れないでしょう。通常の感覚でいったら逃す手などありません。
しかし、長旅は出来なくなります。
会社を辞めるのは簡単ですが、個人で仕事を続ける限りは自分の都合だけで好きなところで打ち切るわけにはいきません。
一般的に考えられる人生における幸せには、大別して三つの型があると私は考えます。
一つ目は、自分の目標、夢としている事を職業にし、それで身を立て名を成すこと。
二つ目は、忙しいながらも収入の多い仕事を得て、立派な家に立派な車、最新の家電に良い食べ物など、物質的に何不自由ない生活を送ること。
三つ目は、ささやかながらも幸せな結婚をして健全な家庭を築き、愛に恵まれた生活を送ること。
もちろん、これらのうち二つないし三つを兼ね備えるならば、こんなに幸せな人生はないと言えるでしょう。一般的には。

しかし私はこれらの何をも望みません。自分は一体何のためにこの人生を生きているのか、何が幸せなのか、今回改めて考えさせられました。
私の人生における目標、叶えたい幸せとは、五体満足で健康で体力もあり味覚も鋭敏なうちに、世界の隅々まで旅をすることです。働くのが大嫌いだからなりたい職業なんてもちろん無いし、立派な家や車なんて全然興味がありません。人なんて好きじゃないから結婚なんて頼まれてもしたくない。
あらゆるところへ足を運び、自分の五感でその土地の地理や歴史や文化や生活を理解して、一人静かにそれを掘り下げる。それが我が人生で唯一の幸せです。
しかし、それを実現するのに唯一金が足りません。金が足らない以上は働かなければならない。働く以上は効率(すなわち単位労働時間あたりの収入)が良い方がいいに決まっている。でもそうやって仕事と金の追いかけっこをしている間にも時間は無情に過ぎてゆきます。肉体はどんどん死へ向かって衰えてゆく。そう考えると今日も居ても立ってもいられなくなります。
重い荷物を背負って歩き、歩き、船に乗り、食べ慣れない物を腹に詰め込み、相部屋のベッドに潜り込んで…そんな事が出来ない体にいつなってしまうのかも分かりません。早く旅に出なければ取り返しのつかないことになる。
それでも、これまでよりも充実して収入も多い仕事をして、年に何度か十日程度の旅をする生活ではいけないのかと問われると、それを全て投げ打ってでもすぐに旅に出たいとは即答できないのが正直なところです。
少なくとも、次年度以降の事についてはそう遅くない時期に決断をしなければならないようです。一体どうすればいいのだろう…





にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村


↑↑↑ 日本ブログ村、FC2ブログの各アクセスランキングに参加中です。ぜひぜひ!クリックして下さい!
    19:51 | Trackback : 0 | Comment : 20 | Top
Comment
白豆さん>

コメントありがとうございます。
旅行作家などという大層なものではございません。必要なところへ取材に行き必要なものを書く、雇われ物書きのようなものです。傍から見ればやっている事は変わらないように思えるかも知れませんが。
私はなにより働くことが嫌いで、また旅が大好き故に旅だけは仕事にしたくないという気持ちも強くあります。それなので今のところはそちらを選択することは無いだろうと自分で思っています。

カブを何台も所有し、全国に散りばめておく、これは凄い発想ですね!目から鱗の思いです。実際に似たような事をしている人がいるなら、是非話を聞いてみたいですね。
Re: タイトルなし  [URL] [Edit]
2013.10.12 Sat 00:26  |  白豆 #-
こちらのHPは今年の3月ぐらいから拝見しておりましたが、初めてコメントします。

ビートさんが悩んでおられるのは自営業、それも文筆業みたいなものですよね。
言ってみれば『旅行作家』のようなものじゃないですか!
旅で飯が食える、旅のことを文章にして読者を喜ばせられる。素晴らしい仕事だと思います。

僕は来月で39歳になりますが、最近転職をしたのですが、かなり厳しい戦いになりました。もう二度と転職はしたくないです。
そんな僕からすれば、好きな仕事で人並み以上の収入が得られるチャンスがある、というのは幸せなことです。
なんとかそれを自分の今後の人生と上手くすり合わせが出来たら・・・。

僕だったら、連続した長期の旅はあきらめると思います。ただし、現地に倉庫などを借りてカブを置き、休みの度に飛行機で現地に飛んで旅は継続しますね。そしてそれも文章にします。
カブも1台ではなく全国各地に5台ぐらい散りばめておき、休みや時間の都合が付けばそれを使って旅をする。金さえあればそういうことも可能になります。

旅のスタイルは変えなければいけないけども、旅=仕事になり、その結果が読者の喜びに繋がるのであれば、やってみる価値はおおいにあると思います。
  [URL] [Edit]
おっさんさん>

ブログサーバーの不具合や出張が重なってしまいまして、折角頂いたコメントへの返信が遅くなってしまいました。たいへん失礼致しましたm(_ _)m

それにしても災難でしたね。特に足回りの不具合は酷過ぎますね。最後の組み上げ作業がダメならすべてがぶち壊しですね。やはり所詮中国は中国です。もう大企業といえど徒に規模や生産を拡大していく時代じゃないというのに、ホンダは迷走していると言わざるを得ません。極端な話を言えば、価格が1.5倍で納車に数ヶ月待ったとしても国内で生産して欲しいものです。
Re: リコール!  [URL] [Edit]
koh1師匠>

サーバー不具合や出張などが重なり、折角頂いていたコメントへの返信が遅くなってしまい、たいへん失礼致しましたm(_ _)m
寝食に困ったりするのは論外ですが、そうでない限りは旅のことをよくよく優先に考えて人生の選択としたいと思っています。
日曜大工で自分でのんびり作る、これ師匠が好きそうですね笑

リコールの件については知りませんでした。大切な情報をありがとうございます。
Re: タイトルなし  [URL] [Edit]
2013.09.13 Fri 11:11  |  おっさん #-
買って2日目でインジェクション不調でエンストでした。
すぐにホンダにTEL!
ポンプの不具合と分かりホッとしとります。

それにしてもこのカブ(シナカブ)出来が悪すぎ(怒)
リムの精度悪くブレブレ
チェーン無調整&リアタイヤセンターボルト左右のズレ
フロントサスあたりのガタ

大丈夫かホンダと言いたい。
やはり、それぞれパーツは良くても組み立てや調整が悪けりゃ
ぶち壊しで!!ホンマニ。

関係のない話でスンマセン。
リコール!  [URL] [Edit]
2013.09.13 Fri 05:46  |  koh1 #-
どうも、亀レスで失礼します。

悩みどころですね。

仕事が自営なり、安定した正社員だとしたら、普通の生活ならお金には困らないのがメリットだろう。
しかし、旅のスタイルはガラリと変わって、長旅は到底無理なので、カブでは近場しか行けなくなるだろう。
短期で遠くへ行くなら高速を乗れるバイクが欲しくなるし、飛行機や新幹線などを多用することになる。

一方、辞めて旅に行ったら当面は旅が出来る反面、将来の再就職次第では、旅なんて到底無理なほど極貧になるリスクも増えてくる。
こちらの最大のメリットは、自由。
旅も出来るし、安く生活できるなど気に入った地域に移住も出来るということ。
その代わり、稼ぐのに苦労したり贅沢は出来なくなると思いますが・・・。

余談ですが、気に入った離島や田舎に移住し、日曜大工で空き家をリフォームとか、小さな家を作るとかも乙な物です。
北海道など、タダ同然で広大な土地を提供してくれる場所もありますから。

例えば、10年くらいがむしゃらに働いて東京周辺のマンションを現金で買って老後の保障を作り、その家賃収入を糧に田舎の空き家をタダ同然で借りてベースキャンプ代わりにし、家賃収入を使って旅を続けるとか・・・。

何を取るかはビートさん次第。
いずれにせよ、後悔しない生き方を選んでください。

あっ、丸目のカブ110全てがリコールになったようです。
前ブレーキワイヤーの使い方が荒いと切れるそうなので、早めに修理を。
  [URL] [Edit]
おき3号さん>

確かに、後々後悔する"かも知れない可能性"を摘むために、近いうちに必ず後悔する選択をしてはいけないですよね。そして、小旅を乱発しても心が満たされないというのも全く同感です。短い旅にももちろんそれなりの楽しみや意義はありますが、所詮は"旅以外の日常の余暇"に過ぎず、言い換えればくそみたいな日常の一部でしかないです。
そもそも何のための人生か、何のための金か、という根本的なところを見失わないようにして判断したいと思います。
Re: タイトルなし  [URL] [Edit]
トミーさん>

確かに実際に長旅をすると価値観が変わる部分がありますね。そして金よりも自由の方が重いというのも、私も同じ類の人間なので共感致します。
ただ「旅をしている今が楽しいから」という安易な発想に陥らないように、自分をしっかり律して判断したいと思っています。とはいえもちろん、金の計算ばかりしているとキリが無くなり、旅立つ勇気を奪われていくのですが…なんとも難しいところです。
Re: タイトルなし  [URL] [Edit]
老パッカーさん>

人生の先輩からの貴重な助言、ありがたく頂きました。まさしく仰る通りだと思います。
今私は四十歳です。日本人の平均寿命まで生きるとすればまだ人生はあと三十五年も残っていますが、健康で健脚で体力もあって歯も丈夫で…という旅人としての現役であと何年いられるか、ということをよく考えます。そういう意味での「余命」はもしかしたらあと僅かという可能性もあるのです。日々焦りの中で生きています。そういう焦りや緊張感を常に持ちつつ後悔のない選択をしたいと思っています。
Re: タイトルなし  [URL] [Edit]
あさりさん>

本文にも書いたのですが、やはり雇われて勤めるのは違っていざ始めてしまえばそう簡単に辞めることは出来ないというのが今回の大きな悩みどころなのです。それこそお試し期間のようなものがあるなら絶対にやるところなんですが…
この歳で社会に対して不義理をすると旅から帰って来た時にきっとしっぺ返しが来ます。暫定という選択肢は無いものと考えて決断したいと思っています。
Re: タイトルなし  [URL] [Edit]
宮崎のカブ乗りさん>

何となく答えが出てる、まさにその通りです(笑)
自分の気持ちはほぼ固まっているのに最終的に決断する勇気が無く背中を押してもらいたいという、情けない奴の典型の話になってしまいました。

仰る通り、私は家庭を持っておらず今後も結婚するつもりはありません。今のところ健康だしそれなりの貯蓄もあります。旅という選択肢があるだけでも幸せと思わねばいけないですよね。この環境と選択肢を無駄にすることは人生を無駄にすることと考えて判断すべきだと思いました。
Re: タイトルなし  [URL] [Edit]
新さん>

仰る通りだと思います。時間は借りられないですよね。ただ金を借りることほど人生における負はないと思っているので、生活のために借金するくらいなら旅は捨てますが。
Re: タイトルなし  [URL] [Edit]
おっさんさん>

親身を助言を下さいまして、ありがとうございます。確かに資金らしい資金がまったく要らない仕事というのも他になかなか無いでしょうね。取材にかかる費用をすべて自分で払わなければならないことくらいでしょうか。それも必要経費になりますし。

しかし考えれば考えるほど何のための人生か、何のための金か、というところに行き着いてしまいます。そして一つだけ言えるのは、金を蓄えなければ老後に後悔する可能性があるが、仕事仕事の道を選べば数年以内に確実に後悔をする、ということです。また、明確な意思や積極性を持たないまま自営で仕事を始めるなんて話は聞いたことがありません。
短期間も旅もこれまでに数え切れないくらいやって来て、楽しみ方は知っているつもりです。でもやはりそれらは全てが「仮」という感覚を拭えないのです。

貴重な助言を無駄にするつもりは全くありませんが、やはりここでぶれずに本来の価値観を貫き通す方に自身の気持ちは傾いているようです。
Re: タイトルなし  [URL] [Edit]
2013.09.08 Sun 19:36  |  おき3号 #-
ご無沙汰しております。

難しい判断を迫られる局面にあることお察しします。私が同じ立場ならどうしたものかと悩み潰れてしまい、いつまでたっても自信のある決断などできないと思いますね。

私は日本一周に出たことは全く後悔していませんが、もっとゆっくりと長期間にわたり旅を続けたかったという後悔で今も満たされています。この先再出発できるかどうか分りませんが、しばらくはその悔いを背負って生きていかねばなりません。悔しさを紛らわすために小旅を乱発してみても、なかなかどうして心が満たされるものではありませんね。

どのような判断をされても得るもの・失うものがあろうかと思いますが、御自身で納得のいく判断がなされることを願っております。


  [URL] [Edit]
ビート★さんこんにちは、ブログを読んだ限りだとなかなか難しい選択ですね。
内容が内容なので軽はずみな意見でどちらが良いとか言うことは出来ませんが。
自分の話をすると旅に出てから大分価値観は変わりました、今は多少つつましい生活になったとしてもある程度自由な方がいいかも(自由>お金)と思い始めています。
僕も旅に出るにあたってはそれなりのリスクも背負う形にはなりましたが今のところ後悔はしていません。
自分の人生なので最終的な判断は自分でしてその事に対する責任は自分でしょわなければいけないですがなんとも難しい所ですね。
なんともまとまらないコメントですいません。
  [URL] [Edit]
2013.09.08 Sun 10:41  |  老パッカー #-
こんにちは。 初めまして。
楽しく読ませていただいております。
ご年齢が分からないので、申し上げ難いのですが、「ご自分で好きな事がわかっている」のでしたらば、収入よりも、そちらを大事にされて、後悔することはないように存じます。
私、40数年間、旅ばかりの人生でしたが、満足しております。
「後悔はないのか?」と問われれば、唯一「あぁ、あの時、帰国した後の金の心配をして、あそこで引き返したけれど、やっぱり行っておくのだった!」という類のものです。
「若き日に旅せずして、老いて何をかたるんや」は至言ではないでしょうか。 老婆心からの、いらぬ投稿、不愉快にお感じでしたらば、お許しください。
いつかどこかの旅の空の下、お会いできる日を心待ちにしております。
  [URL] [Edit]
2013.09.08 Sun 08:44  |  あさり #-
チャンスなんだから、乗って見ればいい。
嫌だったら辞めてしまえばいいよ。

数ヶ月か一年のお試し期間を費やす価値があるチャンスだと思うよ。
その後でも長い旅は出来るよ。
  [URL] [Edit]
2013.09.08 Sun 02:17  |  宮崎のカブ乗り #-
ブログを読む限り何となく
答えが出てるような気がします。
しかし今が分岐点ではないでしょうか?
慎重に考えて下さい。

私もやりたい事はあります。
言い訳かもしれませんが、
家庭を持っています。
妻、子供を犠牲には出来ません
ので、選択肢は限られてます。
そう言う意味では羨ましい(失礼!?)
悩みと思います。まだ時間はあります。
自分を信じて判断して下さい。
  [URL] [Edit]
2013.09.08 Sun 01:40  |  新 #-
迷ったら出ろ 金は借りられるが時間は借りられない
  [URL] [Edit]
2013.09.07 Sat 22:30  |  おっさん #-
自営業を終える者と、必要とされ始める者かぁ。

やはり世間から認められるモノを持ってたね!
しかしビートくんには辛い選択やね!

経験者から言うと、事業の資金や大きなリスクの話は出てないのなら自営をするべきですよチャンスは転がってない
物質を手に入れる為にではなく将来の為に。
お金は必要です、無いと惨めです。

短期間の旅でも楽しい方法を考え出せば良い。
それはやりたい旅じゃないだろうけど・・・・・・

負の部分も受け入れよう
ビートくんの人生が懸かってるんやで。

  [URL] [Edit]







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://tetsupipe.blog76.fc2.com/tb.php/3891-d7726f48
★ ランキング参加中 ★



一日一回、ぜひ両方のバナーをクリックして下さい(^o^)↑
よろしくお願いします!
まとめ読みに便利♪
カテゴリ別、月別アーカイブの記事は古い記事から順に表示しています。
カテゴリ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ

全記事表示リンク
最新コメント
続・スーパーカブで日本一周
二度目の日本一周に旅立ちました。
現在はこちらのブログでその様子を更新しています。是非ご覧下さい。
旅人の足跡
旅と居酒屋巡りのページ
無為是人生
日本一周以外の数々の旅の記録と全国居酒屋探訪
最新記事
旅友リンク
検索フォーム
QRコード
QR
RSSリンクの表示
プロフィール

ビート★

Author:ビート★
2009年5月10日、住んでいた部屋を引き払い、250ccのバイクも売り飛ばしてスーパーカブ90で日本一周の旅に出発しました。
道の駅や公園、海辺でテント泊して節約した金を全国の居酒屋巡りと日々のビール代に注ぎ込みつつ、全国を行脚して12月に沖縄に上陸。父親の急病による一時帰郷などを経て、2010年8月3日、念願の日本最西端・与那国島西崎に到達。再び鹿児島からの自走で北上し、2010年10月14日、523日目にして日本一周の旅を完結しました!

-------------

現在、新たな相棒スーパーカブ110を迎え再出発へ向けて準備中です…