スーパーカブで日本一周

  523日間に渡ったスーパーカブ90での日本一周の記録、およびその後日談を語ります。

あの日、旅空の下で   7.美しき暗黒

圧倒的な暗闇、暗黒だった。
闇に阻まれ、私はそれ以上一歩も先へ進むことが出来なかった。
宿から十数歩。それが限界だった。

周囲を大海原に囲まれ、切り立った断崖絶壁の海岸線から成る、文字通りの絶海の孤島。この日本一周の旅でもっとも鮮烈な印象を残した北大東島の夜は、まさに暗闇だった。
港にほど近い民宿。夕食を食べ終えてしまえばやる事も何も無い。降るような星空に生暖かい風、そして胸の奥底をかすかに、しかしざわざわと確実に不安にさせるような波濤の砕ける音の妖しい魅力に誘われて、散歩に出た。
宿の玄関から歩くこと僅か十数歩、目の前は暗闇だった。いや、全身を暗闇に包まれた。唐突に、こんなにも早く。
港の方まで歩いて行こうなどと考えていたが、到底無理だと分かった。歩いて行く先が完全に真っ暗で、何も見えないのだ。もっとも恐ろしかったのは足元。道の両端が全く見えなくなったことだ。自分が真っ直ぐ歩いているのかさえ、分からなくなる。普段人間は光によって、視覚によって真っ直ぐ歩かせてもらっているという事を理解した。
それでも恐る恐るもう三歩進んでみたが、もう無理だった。振り返ればまだ宿の明かりに照らされ、来し方は何とか道の感じが判る。しかしこれ以上歩を進めればそれすらも分からなくなり、たいへんな事になってしまう。背筋が寒くなった。

好奇心に恐怖が勝り、引き返すしかなかった。しかし、美しかった。
暗闇とはかくも美しいものかと思った。そして、改めて気付いた。普段我々が生活する日本の都市部は不要に明る過ぎるということを。電気の無駄遣いがどうのとか、犯罪がどうのとかそんな事はどうでもいい。夜は暗いからこそ美しい、そんな当たり前の事を忘れてしまっていいのだろうか。
一瞬で恐怖するくらいの暗闇に呑まれ、そしてそれを心底美しいと思った。その経験が出来ただけでも、北大東島を訪れてよかったと、そう思った。





にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村


↑↑↑ 日本ブログ村、FC2ブログの各アクセスランキングに参加中です。ぜひぜひ!クリックして下さい!
    09:55 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://tetsupipe.blog76.fc2.com/tb.php/3673-128fcd06
★ ランキング参加中 ★



一日一回、ぜひ両方のバナーをクリックして下さい(^o^)↑
よろしくお願いします!
まとめ読みに便利♪
カテゴリ別、月別アーカイブの記事は古い記事から順に表示しています。
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ

全記事表示リンク
最新コメント
続・スーパーカブで日本一周
二度目の日本一周に旅立ちました。
現在はこちらのブログでその様子を更新しています。是非ご覧下さい。
旅人の足跡
旅と居酒屋巡りのページ
無為是人生
日本一周以外の数々の旅の記録と全国居酒屋探訪
最新記事
旅友リンク
検索フォーム
QRコード
QR
RSSリンクの表示
プロフィール

ビート★

Author:ビート★
2009年5月10日、住んでいた部屋を引き払い、250ccのバイクも売り飛ばしてスーパーカブ90で日本一周の旅に出発しました。
道の駅や公園、海辺でテント泊して節約した金を全国の居酒屋巡りと日々のビール代に注ぎ込みつつ、全国を行脚して12月に沖縄に上陸。父親の急病による一時帰郷などを経て、2010年8月3日、念願の日本最西端・与那国島西崎に到達。再び鹿児島からの自走で北上し、2010年10月14日、523日目にして日本一周の旅を完結しました!

-------------

現在、新たな相棒スーパーカブ110を迎え再出発へ向けて準備中です…