スーパーカブで日本一周

  523日間に渡ったスーパーカブ90での日本一周の記録、およびその後日談を語ります。

旅人の系譜④ ~テントで寝ながら北海道を旅する~

その旅は、大学3年生の時と4年生の時、二年に渡って夏の北海道を舞台としたのです。
当時の「鉄研」の仲間達と実に車数台を連ねて、二週間にも渡り、テントで寝泊りしながら北の大地を縦横に駆け巡りました。
この時の鮮烈な印象こそは今の私のバイク旅、日本一周に直接繋がっている、それは思い出深いものです。

次々と廃止されていった赤字ローカル線の廃線跡を漏れなく巡っていこう、というのが大旅行の趣旨でした。そこは鉄研ですから。これまでに無い大きな規模、大きな企画に皆が心躍らせましたが、宿泊費の節減を図るために夜はテント泊で旅を続けるという事になりました。実は私はこの時までテントという物で寝た事がなかったのです。
鉄道研究会は数十人の会員を擁する大きなサークルで、毎年夏休みには全体合宿というのを行っていたのですが、私が3年生の夏の合宿は北海道は札幌で行われました。
鉄研の合宿なら鉄道に乗って参加するものでは?と思われるかも知れませんが、さに非ず。もちろん鉄道に乗る事こそが大好きという人もいましたが、鉄道趣味というのはそれだけではありません。例えば列車の写真撮影を好む向きなら、むしろ移動はほぼ完全に車になります。切符収集や廃線跡散策などの分野も然り。
かくして札幌での全体合宿の終了後、車3台を連ねた「廃線ツアー」有志9名が地平線の彼方目指して美しい北の都を飛び出していったのです。

私は鉄道好きとはいっても列車と駅舎の写真撮影が専門分野だったので、廃線跡散策には特別な興味はありませんでした。とはいってもそこは「鉄チャン」ですから勿論それ自体は楽しいものでした。
しかしそれよりも何よりも、私は気の置けない仲間と一緒に毎日広大な北海道の大地を移動していく、その旅自体に全身で溶けるように染まってゆきました。実は全体合宿の最終日に体調を崩し、ツアー初日に熱を出している状態だったのですが、二度とこんな機会は無いかも知れないこの旅からの離脱は考えられませんでした。
初日だけは皆と別行動で宿に宿泊、二日目以降もテントではなく車の後部座席で寝泊りをして旅を続けましたが、体調も回復した旅の後半はそれは楽しいものでした。夜は毎晩9人で宴会なのです。これが楽しくないわけがない。
そしてこの北海道の旅は、さらなる進化を遂げて翌年、大学4年の夏に再び行われる事になったのです。
(つづく)





にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村


↑↑↑ 日本ブログ村、FC2ブログの各アクセスランキングに参加中です。ぜひぜひ!クリックして下さい!
    09:36 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://tetsupipe.blog76.fc2.com/tb.php/3430-612164aa
★ ランキング参加中 ★



一日一回、ぜひ両方のバナーをクリックして下さい(^o^)↑
よろしくお願いします!
まとめ読みに便利♪
カテゴリ別、月別アーカイブの記事は古い記事から順に表示しています。
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ

全記事表示リンク
最新コメント
続・スーパーカブで日本一周
二度目の日本一周に旅立ちました。
現在はこちらのブログでその様子を更新しています。是非ご覧下さい。
旅人の足跡
旅と居酒屋巡りのページ
無為是人生
日本一周以外の数々の旅の記録と全国居酒屋探訪
最新記事
旅友リンク
検索フォーム
QRコード
QR
RSSリンクの表示
プロフィール

ビート★

Author:ビート★
2009年5月10日、住んでいた部屋を引き払い、250ccのバイクも売り飛ばしてスーパーカブ90で日本一周の旅に出発しました。
道の駅や公園、海辺でテント泊して節約した金を全国の居酒屋巡りと日々のビール代に注ぎ込みつつ、全国を行脚して12月に沖縄に上陸。父親の急病による一時帰郷などを経て、2010年8月3日、念願の日本最西端・与那国島西崎に到達。再び鹿児島からの自走で北上し、2010年10月14日、523日目にして日本一周の旅を完結しました!

-------------

現在、新たな相棒スーパーカブ110を迎え再出発へ向けて準備中です…