スーパーカブで日本一周

  523日間に渡ったスーパーカブ90での日本一周の記録、およびその後日談を語ります。

スーパーカブ110の走行批評

たいへん長らくお待たせしました!
間を逃した感がそれはもう痛いくらいに満載ですが(^^;;

まだたかだか100kmちょいですが、カブ110で実際に走ってみての感想です。
まず全体的な印象としては、エンジンの出力増と車体の高剛性、テレスコピック式になった前サスペンションのお陰でとにかく走りが穏やかでゆとりがあることです。カブがこんなに良くなってしまっていいの?!とマゾ的な疑問すら出るほどで、50と90のカブを長く乗り継いできたからこそ衝撃的です。
50km/hも出せばガーガー、バタバタと走っていたカブ90とはまさしく別世界で、60km/hでも車の流れに乗ってまったり粛々と進んでいくことが出来ます。
数字だけ見るならば、重量がカブ90の84kgに対してカブ110は93kg、最大トルクは0.79kg-mに対して0.86kg-mと、本当に僅かな差しかありません(ちなみに排気量差は24ccです)。しかしながら、実際に走らせてみるとそれはもう「圧倒的な差」としか言いようがありません。
ではそれぞれの点について細かく感想を述べてみたいと思います。

●エンジン
エンジンは旧世代のカブのガーガー、ガラガラというのとは音がまず全然違います。ミュイ~ン、ルルルル…とモーターのような音を出して、それは滑らかに回ります。
そして、上に書いたような数字以上の速さを感じます。これはギア比の設定であるとかエンジン以外の要素も絡んでくるのですが、なんといっても90のエンジンに比べて明らかにトルクの出方が良いです。下からフラットにトルクが出ているのでギア云々関係なしに速いです。さすが新設計。
ただ、低速域でこのようにやけに滑らかに回る反面、ちょっと回転を上げていくとすぐにガーガーします。所詮原付の単気筒エンジンという点では同じです(^^;

●前サスペンション
なんといってもこれまでのカブシリーズと革命的に違うのはこれでしょう。制動性も路面追従性もまったく別の乗り物と化しました。
ちなみに前タイヤはカブ90よりも細くなっているんですよ。車体の重量が増してエンジン出力は大きくなったのにタイヤが細くなるというのは、つまりいかにサスペンションの性能が上がったかということです。逆の言い方をすれば、これまでのカブのボトムリンク式の前サスではタイヤのグリップ力を使い切ることができず、効率が悪かったということです。旋回時でも制動時でも、常にしなやかにタイヤの接地面が路面に吸い付いていればタイヤの性能をすべて引き出すことが出来るから、より細いタイヤでも十分というわけです。

特に違いを顕著に感じるのはコーナリングです。コーナリングが気持ちいいです。これまでのカブではついぞ味わえなかった感覚です。
日本一周ではカブ90の前タイヤに原付用タイヤとしては過剰ともいえるハイグリップの、BSのBT-390というタイヤを履いていました。確かに標準装着のウンコタイヤとは別次元の旋回性を発揮してくれましたが、だからといって曲がりが気持ちいいわけではありませんでした。これはたとえばバイクよりも四輪車を例にとるとよりわかり易いのですが、足をガチガチに固めた四輪駆動車に太くハイグリップのタイヤを履かせて、タイヤ任せにゴリゴリと曲がるのと、太さやグリップ力などそこそこのタイヤを履いていても、しなやかな足回りや優れた前後重量配分など車両自体の素性の良さで曲がるのとでは、結果的に同じ速度で旋回できたとしても気持ちよさはまるで違います。
それと同じで、今のところ標準のウンコタイヤを履いていますが、カブ110ではこれまでのカブシリーズでは味わえなかった「気持ちのいいコーナリング」が出来てしまうのです。

●ミッション
こいつは難物です。これまでのカブにはなかった2段クラッチなる機構でシフトショックを軽減しているそうなんですが、結論から言わせてもらえば余計なお世話です。
その2段クラッチでどんな場面でもただギアペダルを踏むだけで滑らかに走るというなら文句はないのですが、実はそうではありません。引っ張り具合によってシフトアップ時のショックは変わってきます。これまでのカブだったら、その引っ張り具合に応じてシフトペダルを踏み込んでから離すまでの時間を調整し、ベテランカブ乗りだったらどんな場面でも変速ショックのない滑らかな走行が可能でした。
ところが、この2段クラッチの「中途半端なお節介」のせいで未だに滑らかに走らせることが出来ていません。これもいずれ感覚が掴めてくればよいのでしょうが、だったらそんなもの最初から全然必要ないのですが…どんなに優れたATよりも、極めればMTの方がいいのと一緒です。
こんな物なくてその分少しでも軽くなってくれた方がいいのに。

●ブレーキ
さて新設計の前サスのお陰でブレーキもさぞよく効くのだろう…と思っていたのですが、実は今のところそんな感じはしません。まあ、まだ慣らしの段階なので強くブレーキをかけていないので何とも言えないのですが、一つの理由に前サスの硬さがあると思います。
前サスペンションはかなり硬めです。標準装着の弱タイヤの当たりは柔らかい筈なんですが、それでもかなりゴツゴツした乗り心地です。これまでのカブのような「サスペンションが無いから路面のままに振動する」のとは違って、明らかにサスペンションの硬さからくる突き上げなんです。
これは、やけにストロークの短いフォークで実現した「無理矢理テレスコ」が原因でしょう。前サスが硬いのでブレーキのタッチもとても硬い。右手が疲れます。
まあこのブレーキについては、慣らしが終わってきた段階でまた感じ方も変わってくるかも知れないので、また報告したいと思います。

●FIドン
今回エンジンがインジェクション化されたわけですが、インジェクションのバイクといえばご存知「ドンつき」です。しかしそこは所詮トルクの小さい原付エンジン。ドンつきは余り感じないのですが、それよりも気になるのは「ドンもどり」です。これは速度が乗ってきて4速で巡航している時などは感じないのですが、2速や3速で低速で走っている時、スロットルを戻した瞬間結構ドンときてしまいます。これはなかなか不愉快なものです。
今のところ、前スプロケを1丁上げるとこれも大分解消されるという情報を得ているのですが(ざわ…ざわ…)

以上、ざっと書き殴ってしまいましたが、現時点ではこんなところです。
これから距離を重ねていくに従って気付いたことがあれば随時報告していきたいと思います。
「史上最高のツーリングバイク」との付き合いはまだ始まったばかりです!(^o^)





にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村


↑↑↑ 日本ブログ村、FC2ブログの各アクセスランキングに参加中です。ぜひぜひ!クリックして下さい!
    09:00 | Trackback : 0 | Comment : 5 | Top
Comment
koh1師匠>

いつも適切な助言をありがとうございます。箱ですが、ポリタンクで数えてはいませんが(^^;
日本一周の時の箱よりも一回り半も大きい巨大なやつです。たまたま余っていたのがこれだったので、まあいいかと。まだ付けたばかりなので様子を見ながら走ってみます。外したバイクカバーやスーパーで買い物など、重い物は一切入れないので大丈夫とも思いますが、穴割れ注意してみます。

クラッチですが、まだ百キロちょっとしか走っていないので、やはり今後の慣れですかね。調整が必要とか、そういう不愉快とか違和感とかいうレベルではないのでもう少し走り込んでまた報告します!ただ、90のガチャっといい音を出して入る重いギヤがまだ懐かしいです(爆)
Re: タイトルなし  [URL] [Edit]
2011.04.13 Wed 12:49  |  koh1 #-
追加
もし、どうしても慣れないようならクラッチの調整が良くない可能性もあります。
我慢出来ないなら販売店などに相談してみましょう。
  [URL] [Edit]
2011.04.13 Wed 12:44  |  koh1 #-
2段クラッチと言いますが、私のカブにはかなり前から同じ方式のクラッチ搭載してます。
90の方式だと大トルクに耐えられないためです。
歴史はかなり古く、昭和63年発売のカブ100EXには既に使われています。
私は普通に変速出来てます。変速ペダルが重い90にはもう戻れない。
基本構造は110も変わってないはずなので、慣れてください。
  [URL] [Edit]
おっさんさん>

そうなんですよ!
というか、多分そうなんだと思います、今のところは。とりあえずもう少し走り込んで、何かつかめてきたらまた報告したいと思っています。
Re: タイトルなし  [URL] [Edit]
2011.04.11 Mon 09:14  |  おっさん #-
じゃ、このミッションだとエンジンブレーキシフトダウン時の
回転数を合わせられへんのやなぁ・・・・・。
  [URL] [Edit]







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://tetsupipe.blog76.fc2.com/tb.php/3349-5d66f9de
★ ランキング参加中 ★



一日一回、ぜひ両方のバナーをクリックして下さい(^o^)↑
よろしくお願いします!
まとめ読みに便利♪
カテゴリ別、月別アーカイブの記事は古い記事から順に表示しています。
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ

全記事表示リンク
最新コメント
続・スーパーカブで日本一周
二度目の日本一周に旅立ちました。
現在はこちらのブログでその様子を更新しています。是非ご覧下さい。
旅人の足跡
旅と居酒屋巡りのページ
無為是人生
日本一周以外の数々の旅の記録と全国居酒屋探訪
最新記事
旅友リンク
検索フォーム
QRコード
QR
RSSリンクの表示
プロフィール

ビート★

Author:ビート★
2009年5月10日、住んでいた部屋を引き払い、250ccのバイクも売り飛ばしてスーパーカブ90で日本一周の旅に出発しました。
道の駅や公園、海辺でテント泊して節約した金を全国の居酒屋巡りと日々のビール代に注ぎ込みつつ、全国を行脚して12月に沖縄に上陸。父親の急病による一時帰郷などを経て、2010年8月3日、念願の日本最西端・与那国島西崎に到達。再び鹿児島からの自走で北上し、2010年10月14日、523日目にして日本一周の旅を完結しました!

-------------

現在、新たな相棒スーパーカブ110を迎え再出発へ向けて準備中です…