スーパーカブで日本一周

  523日間に渡ったスーパーカブ90での日本一周の記録、およびその後日談を語ります。

毎日何を食べていたか、キャンプ編

12703894894bb89af101948_import.jpg
一年半にも渡る日本一周の旅の道中、どんな物を食べていたかという話です。

長旅での食事の基本的な方針は、極力金をかけないことと、土地の名物は迷わず食べることです。
しかし、私はもともと食べ物は酒と並んで人生で一番金をかけるべき物だと思っているので、余り極貧な食事はしませんでした。
よく他の人の日本一周ブログを見ていると、特に若い人などに毎朝100円のパン一つだけで頑張っている、なんていう記述を見たりしますが、そこまで極端なことはやりたくないし、それで体を壊したら本末転倒です。食費の削減というのは知恵と努力でするものであって、我慢でするものでありません。

さてそんな日本一周の食事ですが、その日その日の状況によって大きく変わってきます。同じところに連泊なら朝は米を炊いて自炊しますが、ゲリラキャンプの時などは起きたらさっさとテントを撤収してすぐに出発したい。昼は名物に奮発する時もあれば、沖縄のゲストハウスでだらだら過ごしている時は食べないこともよくありました。
それなので、状況別に振り返ってみることにします。まずはキャンプの時の話から。



朝食編①: テントを撤収して移動する時
これはもうコンビニか、前の日に買っておいた弁当でしたね。北海道に居る時などは移動日でも朝から米を炊いて自炊する事もありましたが、これは時間がかかるのでごく稀でした。
コンビニではその日の気分でおにぎりかサンドイッチが主で、寒い時などは中華まんというのもありました。
画像 370
前の日に買っておいた弁当というのは、前日の夕方の買い出しの時にスーパーで半額などの安い弁当があったら翌朝用に買っておいて、それを食べるのです。この場合、酔った勢いでその日の晩のうちに食べてしまわないよう留意が必要です(^^;;
これは量、価格ともに満足度が高いのですが、温かい状態で食べられないので寒い時にはいまひとつでした。
またキャンプでなくゲストハウスなどに宿泊の時でも、朝早くからどんどん移動したい時はこの手の朝食を食べていました。
12703716154bb8551fa6509_import.jpg



朝食編②: キャンプ場に連泊する時
これはほぼ北海道に限った話ですが。基本的に飯盒で米を炊いていました。本当なら納豆を食べたいところなんですが、冷蔵庫のない生活なのでなかなか難しい。米の他はインスタントの味噌汁。これに葱や大根を入れることがよくありましたね。
画像 294
旅人が携行する野菜といえば何といってもジャガイモ、玉葱、人参が御三家で、こいつらは常温で日持ちがし、嵩張らないし崩れないし栄養も豊富というまさに神のような食材です。しかし私はそこに大根を加えて四天王としたい。大根もかなり日持ちがするし、とりあえず大根おろしを作っておけば朝でも夜でも間違いがない。おまけに消化を助ける働きがあって健康によろしい。
コッヘルとバーナーで湯を沸かし、沸騰する少し前に細切りにした大根をたっぷりと投入します。少し煮て、大根の芯が柔らかくなって風味が出たところで火を止め、そこでインスタント味噌汁を投入。これでインスタントとは思えない味になります。あと葱があれば最強ですね。

おかずは前夜の残りか、無い時は米と味噌汁だけの時も結構ありました。だから野菜ふりかけをいつも持っていました。あとは家を出発する時に梅干を持っていったのでよく食べていました。
納豆と並んで辛いのは卵が食べられない事でしたね。倶知安のキャンプ場に二週間連泊した時は卵も買って食べていましたが、あとはキャンプでの朝食で卵は一切食べていません。

毎朝欠かさず飲んでいたのが野菜ジュースです。移動だろうが連泊だろうが、キャンプでなく宿の時でもとにかく状況に関係なくこれだけはずっと飲んでいました。物にもよりますが、野菜ジュースは意外と900mml級のペットボトルでも開栓後も常温のままで平気です。しかもボトルに口を付けて飲み、バイクで揺られるというのに。私は大体いつも4~5日くらいで飲み切っていました(毎日小さいのを買うような無駄に金のかかることは絶対にやらない)。
赤系と緑系を交互に飲んでいましたね。沖縄でゲストハウスに長期滞在の時は両方飲んでいました。赤系は150円くらいで買えるトップバリューの野菜ジュース、緑系は割引で売られることが多い伊藤園の「充実野菜」が殆どでした。この習慣は日常生活でもずっとそのままです。



昼食編①: 移動中
画像 1980
昼は名物を食べるべく外食することも多かったですが、そうではない時に何を食べていたか。
ここでもやはり筆頭はコンビニです。昼食には余り時間をかけたくないので道沿いのコンビニでちゃちゃっと食べてしまいます。おにぎりが多かったですが、北海道に居る時はもっぱらカップラーメンでした。その理由は、セイコーマートのカップ麺が安いからに他なりません。週替わりで数種類の銘柄が常に88~108円で販売されているのは素晴らしい。その場で湯を入れて食べられるコンビニでこの価格で売っているのはもう拍手喝采ものです。また、北海道をバイクで走っていると真夏でも体が冷えることも多いので、カップ麺で温まれるのが嬉しいというのもあります。
12703888374bb898652a863_import.jpg
12703910234bb8a0efa69fa_import.jpg
私は普段の生活でカップ麺というのはごく稀にしか食べないのですが、北海道ツーリングとなると昼は一週間毎日カップ麺ということもありました(^^;
セイコーマートでは100円麺シリーズもよく食べました。これは汁物でないパスタや焼きそばなどの麺が100円であって、一つでは足りないのですが二つでも200円ですよ。さすがコンビニの王様!
12703894464bb89ac64d012_import.jpg

ちょっと時間に余裕がある時は大型スーパーで弁当を買って食べるのも好きでした。
スーパーの弁当の方がコンビニより安い。そして大型スーパーは店頭にベンチがあるところが多いので、ゆったり座って食べることが出来ます。コンビニでバイクのシートか地べたに座って食べよりも落ち着くし、休憩もできるので走り疲れた時や腹が減って沢山食べたい時などはよかったです。

もちろんコンビニ、スーパーでその場で買って食べるだけでなく、節約のために予め用意しておいた物を食べることもよくありました。前の日にスーパーで安売りしていたおにぎりやパンなどです。茶はペットボトルで常に携行していたので景色の良いところで食べるなんて最高です。また、バターロール系のパンは常に持っていました。カップラーメンだけではいまひとつ足りないので、これを一緒に食べるのです。特にカレー系のカップ麺のスープにパンを浸して食べるのは最高ですね(^^;
今回は荷物の基本パッキングで後部ボックスの中をなるべく空けるような積み方を心掛けていたので空き容量が結構あり、夕方になるとその日の夜の食材、翌朝用の弁当、翌昼用のおにぎりと三食分をバイクに積んで走ることもありました。



昼食編②: 滞在中
これはごく珍しいのですが、北海道の倶知安と郡上八幡ではキャンプ場に昼間だらだら居ることがありました。それからキャンプ場ではないのですが屋久島に居た時も、自分の調理器具を使わなければならないという点でキャンプ場と同じ条件で雨に閉じ込められている事が何日かありました。
そういう時に必ず登場するのがインスタントラーメンです。いよっ、待ってました、パチパチパチ(謎)
12703907584bb89fe69a30b_import.jpg
飯盒の偉大なところは、インスタントラーメンを調理するのにも丁度よい大きさと形状だということです。熱くて口がつけづらいので食べるのがたいへんですが、まあそれはそれとして…
キャベツや葱なんかを大量にぶち込むと簡単な割には結構豊かな昼食になってしまいます。


夕食編:
全国一千万の居酒屋ファンの皆様、こんばんは(爆)
…なわけはありませんね。キャンプですから(^^;;;
私は夜は酒が主食なので、米は食べません。で、酒のアテはというと、これはキャンプだろうが宿だろうが家での生活でも変わらないのですが、豆腐、野菜系、魚か肉の三本になります。
豆腐は大好物なので毎日食べます。ちゃんとしたキャンプ場では葱と鰹節をかけ、醤油をかけてチューブの生姜まで盛って食べることもありましたが、ゲリラキャンプなどではそのまま食べるだけということも多かったです。ただし、豆腐は値段は度外視でとにかくその土地の地元の豆腐屋の、それもなるべく良い物を買っていたので、何もつけずに生のまま食べる方が実は旨かったりします(^^;

画像 259
(炊事場が充実しているキャンプ場では時にこんな豪華晩餐にしたことも…)

野菜はこれもちゃんとしたキャンプ場だと包丁とシート状の俎板を使ってトマトを切ったりしましたが、ゲリラキャンプなどの時はもっぱらスーパーの惣菜コーナーで売られているサラダか煮物などを食べていました。
主菜はやはり刺身ですね。これは調理が要らないのでゲリラキャンプでテントの中でも食べられるし、その土地の食文化に触れられることも多い。その代わりキャンプ場で大々的に調理が出来る時は熱々の肉を食べるのです。特に北海道ではジンギスカンをよく食べました。安い、旨い、柔らかいの三拍子ですから、牛肉なんぞより余程優れています。
12703875464bb8935a4ad5c_import.jpg

酒の話になりますが、ビールの次に何を飲むかですが、これは芋焼酎が殆どでした。もともと芋焼酎は大好きなのですが、私は家では日本酒も頻繁に飲みます。ところが、日本酒は温度変化にも弱いしバイクで携行するのは不可能。ところが蒸留酒で香りの強い芋焼酎なら紙パックでも匂い移りが気にならないし温度変化にも強い。価格も安いし体にも良い。言うことなしです。後部ボックスの中には常に野菜ジュースと並んで紙パックの芋焼酎が入っていました。
ゲリラキャンプでも芋焼酎を飲むために湯を沸かすことをよくやっていました。





にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村


↑↑↑ 日本ブログ村、FC2ブログの各アクセスランキングに参加中です。ぜひぜひ!クリックして下さい!
    10:07 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://tetsupipe.blog76.fc2.com/tb.php/3276-ebb37986
★ ランキング参加中 ★



一日一回、ぜひ両方のバナーをクリックして下さい(^o^)↑
よろしくお願いします!
まとめ読みに便利♪
カテゴリ別、月別アーカイブの記事は古い記事から順に表示しています。
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ

全記事表示リンク
最新コメント
続・スーパーカブで日本一周
二度目の日本一周に旅立ちました。
現在はこちらのブログでその様子を更新しています。是非ご覧下さい。
旅人の足跡
旅と居酒屋巡りのページ
無為是人生
日本一周以外の数々の旅の記録と全国居酒屋探訪
最新記事
旅友リンク
検索フォーム
QRコード
QR
RSSリンクの表示
プロフィール

ビート★

Author:ビート★
2009年5月10日、住んでいた部屋を引き払い、250ccのバイクも売り飛ばしてスーパーカブ90で日本一周の旅に出発しました。
道の駅や公園、海辺でテント泊して節約した金を全国の居酒屋巡りと日々のビール代に注ぎ込みつつ、全国を行脚して12月に沖縄に上陸。父親の急病による一時帰郷などを経て、2010年8月3日、念願の日本最西端・与那国島西崎に到達。再び鹿児島からの自走で北上し、2010年10月14日、523日目にして日本一周の旅を完結しました!

-------------

現在、新たな相棒スーパーカブ110を迎え再出発へ向けて準備中です…